« Ten apples up on top | トップページ | ブログお引っ越し(一部) »

Guri and Gura's Picnic Adventure

おなじみのぐりとぐらシリーズ英語版。
おなじみだったけどあなどれなかった。
もっとすんなり読めるかと思ったけどつっかえ、つっかえ。
洋書絵本のいいところは単語の意味がわからなくてもイラストに助けてもらえるところなんだけど、ぐりとぐらシリーズに関してはそれが難しい。
ぐりとぐらっていつもうすら笑いを浮かべてるので(見ようによっては怖い)今は困ってるの?慌ててるの?問題は解決したの?と迷っているうちにどんどんストーリーに取り残された感じ。
外国人が日本人は表情が読みにくいというのを改めて実感。

内容はピクニックに出かけたぐりとぐらが糸の先っぽを見つけます。
その先をどんどんとたどっていくとそれは大きなくまの着ていたセーターのほつれでした。
その後、くまさんと仲良くなってみんなでお弁当を食べて、、、おしまい。
うーん、内容のない話だ。
でもぐりとぐらのほのぼのしてる世界観、好きだなあ。
ぐりとぐらのような生活してると長生きできそう。なんとなく。

ちなみにイラストのところどころに日本語の文字で書かれたままのところがあった。
その中で、クマのおうちに置いてあったノートに書かれていたのが、
「くまのブーさんのりょうりのほん」
…くまのプーさん?ディズニー??
思わぬところで疑問にぶつかりました。

|

« Ten apples up on top | トップページ | ブログお引っ越し(一部) »

BOOKS」カテゴリの記事

コメント

ぐりとぐらはたまごやきかホットケーキを焼く話が
好きだったなあ。自分が子供の時にはまってた本は
今でも心ときめくわ~。保育園そばの図書館の二階にある
大型の本とかも楽しそうだよね。
あそこにも洋書の絵本ってあるんかな?
今日は保護者会の行事でマジックショーを見たよ。
保護者は10人もいなかったけど
なかなかおもしろいマジックショーでした。

投稿: しほママ | 2011年9月16日 (金) 13:26

しほママさま
私はこどもの頃に好きだった「しずくのぼうけん」という絵本を本屋で見つけたときには心ときめいたよ〜。
絵本ってはやりすたりがあまりないからいいよね。
保育園そばの図書館、少ないながらも洋書絵本コーナーあるよー。
ちなみにぐりぐらはそこで借りたよ。

今日のマジックショー、気になっていました。
今度くわしく感想を聞かせてください〜。

投稿: はる坊ハハ | 2011年9月16日 (金) 15:55

しずくのぼうけんって雨が空からふってきて
いろんなとこをめぐって空に帰るやつだっけ?
内容的には理系?なえほんじゃない?笑

私は「はじめてのおつかい」とか
「しょうぼうじどうしゃジプタ」とか
動物ものだと「ぞうのグルンパ」かなあ。
グルンパははるくんにすすめてみてちょ。

投稿: しほママ | 2011年9月22日 (木) 10:50

しほママさま
しずくのぼうけん、それだよ〜。
元は外国の絵本だから内容は不思議なところはいくつかあるけど、しずくの冒険っぷりが幼い私としてはいつみてもウキウキしてました。
「はじめてのおつかい」私も好きだったなあ。
うさぎのだよねー。

「ぞうのぐるんぱ」ははる坊に以前すすめたけど食いつき悪かった。sweat02
たぶん登場する動物が少なかったんでしょう…

投稿: はる坊ハハ | 2011年9月22日 (木) 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425935/41737225

この記事へのトラックバック一覧です: Guri and Gura's Picnic Adventure:

« Ten apples up on top | トップページ | ブログお引っ越し(一部) »